«

»

2013.11.5 [ Cocklebiddy ]

 

この日は65km先を目指す。

と、Caigunaを離れて早くも1km地点で、なんと時差が発生!

うっかりしていた。

 

 

一気に45分時計の針が先へと進むので、長距離の一日には正直キツイ。

image

 

…しかし、実はここからが本当の試練の始まりだった。

歩いている内に気温がどんどん上がっていき、11時頃にはこれまでに体感したことの無い温度に。

吸い込む酸素さえも暑過ぎるし、身体中から水分という水分が抜けていっているのをありありと感じる。

アスファルトに反射する太陽の光で目は痛いし、唇なんてパキパキ。

ひたすら蒸されているというか、暑さのレベルがこれまでとは遥かに違う。

道路の蜃気楼もハンパないうねりを見せていた。

 

加えて、ハエや「ブジー」と呼ばれるアブ( これに刺されるとものすごく痛い )はいつも以上に大量発生して飛び回るし、行動時に飲むための3L以上もの水と、その他のエナジードリンクやジュースまでもが55km付近で底をつき、身体はボロボロ。

予備タンクから水を補給する余裕さえ無い。

なんという、なんという暑さなんだ…。

 

そのせいかこの日は全く車も停まらないので寄付すら集められない状況。

そしてなんとか60kmを通過して残り5kmほどの場面から、突然風向きが変わりストームの様なものが起こり始めた。

身体が前に進まない、というか、押し戻される。

一歩一歩があまりにも辛く、倒れる様な前傾姿勢で身体ごとカートを引く。

たった5kmがなんと遠いことか…!

夕焼けが迫り、暗くなる前に着かなくてはと気持ちも焦る。

image

 

そして、倒れこむかと思いながもなんとかロードハウスに到着。

満身創痍だったらしく、頭は痛いし目は血走ってるし頬もコケてきていた苦笑

ただ、ここはテラス自体がちょうど風除けになっていて、サンセットを見ながらお茶をしている宿泊客のみなさんが総出で出迎えてくれ( 「君を見たぞ!」「よくここまで来た!」)、最終的にはオーナーまでもが建物の外に出て来てオレの到着を見ている。

体力も限界だったし、拍手をされたりしているのを見ながら不思議な気分だった。

結局オーナーやみなさんのご好意で、宿泊・ドリンク・翌日のランチ様のパイ、極め付けは極上のディナーを全てノーチャージにしてくれた。

image

 

もうね、泣きましたよ完全に。

嬉しさと披露で涙を我慢できるわけがなかったです、はい。

 

疲れと感動とごっちゃまぜになりながら、素敵な時間を過ごす。

image

image

 

どうやらこの日は気温が42度を越え、明日には大きなストームが来るからこの様な天気になったのだとか。

また明日も天気との相談をしながらの旅になる様だ。

疲れすぎていて逆に寝付きが悪く、この日はいつもより少し遅めに就寝。

…明日が晴れることを願いながら。

 

〜Cocklebiddy?Keith & Mirlymguy, [ Wedgetail INN Cocklebiddy ] Marie & Warren, Pick & Shayne, Mags, Jason & Banks

 

毎日多くの優しさに囲まれ、オレは本当に幸せだとつくづく思う。

これはきっと神様からのプレゼントだろうし、その分を東北に繋げていかなくてはという想いが腹の底からグツグツと湧き上がってきている。

やらなきゃね。

…うん、やりますよ。

全てに感謝!!

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付
「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ

是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します。