«

»

2013.08.28 「オーストラリアでのご飯」

 

オーストラリアに来る前にとてもドキドキしていることがありました。

楽しみの部分もありましたが、同じくらい怖かったことがあるのです。

何だか想像つきます?

…実を言うと、「何を食べるのか」ということに対してオレは非常にビビっていたのです。

 

 

昔から極端に肌が弱く花粉症なども酷かったため、ある時に血液検査へ行きました。

そうしたらなんと、お米以外の食べ物全てにアレルギー反応を示し(!)、数値の出る物のほとんどが、かなり威勢良く基準値越えをしていたのです。

それに気付いたのが3〜4年前、長年の苦しみの理由が分かりました苦笑

そういうわけで、一人暮らしをしている時にはできるだけ自炊をするように心がけましたし、玄米・野菜・発酵食品・豆

乳・果物などを食べるように食生活も変えました。

おかげさまでかなり肌の調子や体調も改善されてきたのです。

「医食同源」この言葉の意味をひしひしと感じました。

 

さて、そこでオーストラリアでの食事です。
下記をご覧下さい。
image

はい、ミートパイです。

他にもミルクたっぷりのシリアルや、電子レンジやIHをガシガシ使った料理が普通だそうです。

あと、沢山のお肉ですね笑

これは完全にオレが危惧していたライフスタイル…!!

ただ幸運なことに、現在お世話になっている方はスリランカがご出身なので、どちらかというとヘルシーであったりバランスの取れた食事を作って下さいます。

image
自分の恵まれた環境に感謝です涙

 

近年、日本でもお米や発酵食品を頂く機会が減って来ていると感じています。

確かに便利で早くて安いかもしれませんが、コンビニ弁当やファーストフード、パンや牛乳や沢山のお肉といった食生活は日本人には合わないと思います。というか地球環境や人間のために良くない。

例えばある研究では、ファーストフードばかり食べている人はそうでない人に比べて肥満や病気へのリスクが格段に向上し、攻撃性が増し、収入が低くなる傾向があると言われています。

http://matome.naver.jp/m/odai/2135824571002977301

また、そのような食生活やライフスタイルは地球環境にとっても持続可能なものではありません。
例えば現在の日本人と同じ暮らしを生きている全ての人が行ったとすると、地球が2.47個分必要だとも言われています。(北アメリカの場合は5.28個分必要)

http://www.ecoichi.com/contents/environment_issue/ecological_footprint.html

というわけで他にも様々な理由から、ファーストフードの常食や上記の様な食生活はオレにとってNGです。

ただたまに食べるK○Cの美味しさは格別のものもあるので笑、一概に全てを否定することはできませんが。。

興味を持って頂けた方は、是非とも食事について調べてみて頂ければ幸いです。

 

食事とは、未来を作るものであるべきだ。

チキンにがっつきながらも、そんなことを考える一日でした笑

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付
「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行 記号15310 番号10686291 イワタショウタ
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行 綱島(つなしま)支店 普通 4589046 イワタショウタ

是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します。