«

»

2013.11.6-7 [ Madura ]

 

6日の早朝から天候を確認していると、どうやらストームは夜中の内に去った様だ。

確かに雷はすごいし風の音も一晩中聞こえていた。

ということで、二日をかけて91km先のMaduraへと進む。

 

 

この日は前日の疲れが抜け切らず58kmでストップ。

前日とは打って変わってかなり寒い一日だったのと、小雨がパラパラ。

雨対策を荷物に施して19:30前には睡眠。

 

翌朝、強めの雨で起きる。

雨対策をしていなかったら大惨事だった。

そこで出発の準備をしていると道の方から突然、

「 Hi! Good morning!! 」

と聞こえ、ギョッとして振り返ると身一つで男性が走ってくる。

何でこんな時間から近所でトレーニングしてる様な恰好で、しかもナラボーど真ん中に人がいるのかわけが分からず呆然としていた。

そしたらオレのチャレンジを知っているし、誰だと思ったらなんと!

イギリスから来たMirk、彼も走ってオーストラリアを横断しながら、小児がんの子供たちのための寄付を集めている男だったのだ。

 

「 2600 MILES IN 70 DAYS OCT-DEC 2013 」

image

 

ちなみに、彼のDay22と23のBlogに彼への応援メッセージ動画(4秒!笑)で出ています。

よろしければ、是非!笑

 

以前に停まってくれた親子が話してくれたのを聞いてはいたが、オレの先に行っていると思っていたら後ろから来ていたらしい。

お互い、出逢えたことに喜びながら記念撮影!

まさか同じ様な想いで同じタイミングで、このオーストラリアで出逢えたことと言うのは本当に奇跡的だと思う。

一つ一つを噛み締めて生きていきたい。

image

お互い、これから道中で抜きつ抜かれつになりそうだ。

 

その後は猛烈な雨が降り始め、ずぶ濡れになりながら残りの33kmを進む。

昨日できるだけ進んでおいて良かった…!

というか、この一週間でおおよそ想像できる全ての自然の凄まじさを体感した。

本当にとてつもない財産になったな。

 

そして最後ロードハウスの手前に「 Madura Pass 」というルックアウトがあり、天気も回復したのでそこからの眺めを見る。

ナラボーの先へと道が進み、手つかずのブッシュと空とのコントラストに感動。

眼前には雄大な自然が広がる。

image

image

image

 

あくまでも自然には抗わず、受け入れる形で見えてくるものが本当なんだと思う。

それくらい、自分のちっぽけさや自然の素晴らしさを感じた一週間だった。

 

ロードハウスに着くとMirkと彼のサポートをしているJasonがランチをとっていたので、一緒にオレも休憩。

撮影会になり多いに盛り上がる。

その後Maduraのオーナーも宿泊とディナーやデザートを無料にしてくれ、本当に感謝感謝の一日。

急いで荷物の整理や洗濯などを済ませ、また明日以降の準備を急ぐ。

明日からは二日かけて115km先のMundrabillaへ。

 

〜Madura?Awnis, Watson, Davide Righi, Andrea Galgnani, Rocco Napoli, Paul, [ Madura Pass Oasis ] Brian

 

沢山の出逢いと別れに、沢山の感謝。

自然の凄まじさや雄大さ。

これは本当に旅に出たから心底分かったこと。

いくら頭では分かっていても、経験してそこに体重が乗ると全然違う。

 

生きているって、命があるって、マジで素晴らしいね。

だからこそどうやってこの時間を使うのか。

常に自分に問いかけていきたい。

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付
「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ

是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します。