«

»

2013.12/1~2 [ Ceduna〜Port Augusta? ]

( Ceduna〜Wirrulla〜Poochera〜Minnipa〜Wudinna〜Kayancutta〜Kimba〜Port Augusta )

この日は6時スタート。

朝からストームの様な風と雨でビショビショになりながら前に進む。

 

 

image

 

勿論車は止まらないし、アップダウンの続く中をひたすら前に進んだ。

そして、雨の中の40km地点で問題が発生。

先日何とか交換をしたホイールのボルトとその周りの部品達が故障で、身動きが取れなくなる。

よくぞ150km持ってくれたと考えるべきか…。

タイヤの中心部分を通っているボルトとその噛み合わせ部分のネジが壊れてしまい、タイヤがグラグラして安定せず前に進めないし、ガンガンと異常音もする。

もう片方はスパイクしまくっているので、いつ使い物にならなくなるか不明。

Cedunaでもホイールを確保できなかったし、次のお店はPAなので万事休す。

 

何といってもPerthを出て以降はPAまで自転車店が無く、今回の旅を支援してくれているこちらの方に、ホイールやタイヤのスペアを途中に送ってもらうしか無かった過去もあるのだ。

いざオーストラリアの地方に入ると、欲しいものを手に入れることがとてもとても難しい。

 

というわけで、もうこれしかない、とヒッチハイクを決意。

マークというおじさんに事情を説明して、カートを荷台に乗せてもらいPAに送ってもらった。

小一時間車に揺られながら、この選択肢しか選べなかったことが無念でならない。

 

チクショウ。

 

チクショウ。

 

 

PA到着後も日曜日なので自転車店も空いておらず、翌日の月曜日に行くしかできないので、ひとまず宿へ。

そこには親友カズキがいた。

…あと3日後に現れるはずのオレが突然現れたことで彼を驚かせてしまったが苦笑

まぁ、そりゃそうだよな。

 

事情を説明して、ホテルのマネージャーさんに部屋をツインに変更してもらう。

チャリティーの件やホイールの問題の説明をしていたので、支払いの際にディスカウントまでしてくれていた。

今のこの旅を中断するという状況しか選べなかった心境は( 悔しくて悔しくて仕方が無い )、こういう優しさに触れると本当に救われる。

もうこうなってしまった以上、3日まではホイールの交換などを含めてここPAで休養を取ることを決意。

 

〜Port Augusta?[ Acasia Ridge Motor Inn ] / Maria Watherston

 

さて翌日の2日、まだ問題は続く。

自転車店に行くも新品のホイールが無い、という自体が発生したのだ。

…もう、なんということだ。

 

たまたまサイズが無く、もはや今のこの壊れた両輪を修理するしか手が無いとのこと。

店主のおじいさんも哀れそうな表情で上記の説明をしてくれた。

というわけで、まずボルトのカバー部分は幸いにして無事だったので、ボルトやナット・ネジなどを全て新しいものに交換をして、なんとかホイール自体を使える様にする。

 

そしてスパイクしまくっている部分に関しては、新品の交換部品を買ってDIY。

自分達で修理をすることに。

初めてのことなのでカズキとあーだこーだ言いながら、なんとか修理。

とりあえずこれで4日より歩き出すことはできそうだが、何より大きな自転車店は300km先のAdelaideまで無さそう。

ということは、そもそも中古のホイールだったこの2つしかない、ということだ。

 

新品のスペアも準備できないので、この2つをAdelaideまでのあと300kmを何としても持たせるしかない。

いつ何が起こるかも分からないことの不安はあるが、もうこうなってしまった以上は前を向いて今やれることを一つずつやっていくしかない。

唯一の幸運は、これが砂漠で起きなかったということだ。

 

以上、現在この様な状況にいます。

では今後どの様にこの旅を進めていくか。

 

ヒッチハイクで故障地点に戻ってリスタートすることも含めて、いくつかの選択肢を検討しました。

ただ、スペアのホイールを確保できていないことで再度動けなくなる可能性があることや、2.000kmを越えてきてカート自体の故障が始まっていることなど、様々な起こり得る最悪の状況を考慮した上で、今後のBEYOND WALKは下記の方針で進むことが最善だと判断をしました。

 

?歩くことのできなかったKimba〜PAまでの残り110kmは、Adelaide以降でのルートを変更して余分に110km進むことで取り戻すことにします。

?「 横断 」の形が少し変わってしまいますが、基本一人でサポートが無い中ではこれが最善策だと思うのでご理解を頂けると幸いです。

?Adelaideでは休息地を確保できたので、そこでカート自体の故障を治すことやホイール・タイヤのスペア、またそれらに関わる部品などをできる限り準備して、今後様々な問題が起こったとしても自力で解決ができる様にすることなど、Sydneyに到着をできる様に最大限の準備と復旧を行う予定です。

 

今の現状が本当に悔しいです。

ですが今できることを全うして、必ずSydneyに辿り着くために前を向きます。

そして最大限の寄付を集め、壁にぶちあたりながらも一歩ずつ前へ進む姿から少しでも多くの人に「 元気 」を伝えられる様に、全てをBEYONDしていきます。

 

今後とも皆さんのお力をお借りすることもあるでしょうが、是非暖かいご支援ご協力を頂ければそれほど幸せなことはありません。

どうぞ今後ともよろしくお願いします。

そして、いつも本当にありがとうございます。

心から感謝をしています。

 

というわけで、久しぶりに再会をしたカズキと色々と語り合いながらゆっくりと休息を取ることに。

彼がいてくれることで気持ちも紛れるし、何より後ろ向きにはならない。

お互い前しか見ていないからだろうか笑

カズキ、本当にありがとう。

救われています。

image

 

久しぶりの2日間の休日、存分に身体の回復に努めようと思う。

 

…本当に、旅は色々とあるな。

初めての一人での大きなチャレンジは本当に色々とある。

でもその都度、沢山の経験も得ることができている。

 

オレの先を走りAdelaideに無事到着をされた、アドベンチャーランナーの高繁さんが教えてくれた言葉がある。

「 あわてず あせらず あきらめず 」

オレは日日どれほどこの言葉に救われているだろうか。

この様な素晴らしい精神をいつか誰かに伝えられる様な、そんな大人になりたい。

…いや、絶対になってやる。

この逆境の中、その決意がオレの中で燃えている。

 

まだまだ、まだまだ、オレにはやるべきことがあるはず。

一つずつ一つずつ、繋げていこう。

必要必然、全てベスト。

この言葉をいつも心に。

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付

「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ

是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します。