«

»

2014.07.01-07.05 [ Melbourne〜Sale? ]

 

( Melbourne~Coburgo~Dandenong~Nar Nar Goon~Warragul~Trafarger~Traralgon~Sale )

 

月日とは早いもので、もう7月になってしまった。

シドニーまでも残り一ヶ月と少し。

氣合いを入れて進むぞ。

 

 

さて、1日は36km先のWarragulにお住まいの、昨日お逢いしたRuiさんのお家へ向かう。

この日も雨は止まず寒いし、ハイウェイを通れない分の裏道がかなりキツイ登坂の連続だった。

ヒーヒー言いながら坂を登り、下る。

全く、足にも身体にも負担がデカイぜ!

 

ひたすら修行の様に道を進み、到着間近のゲキ坂も越え、夕方にはRuiさんのお家に到着。

昨日と変わらず、すごく優しく出迎えてくれた。

Ruiさんはこれまでに培ったシェフの経験を活かし、日本食のケータリングのお仕事を自らここWarragulで立ち上げ、お寿司やお弁当なども全て一人で作り、品質管理や配送もこなしているすごい方だった。

image

Authentic Japanese Cooking

Phone : 03 5623 5938

Email : kokolobento@dcsi.net.au?

 

オレ自身も飲食の店長の経験があるからこそ、これがどれほどすごいことか分かるし、しかもそれをオーストラリアでされていることにも感動した。

やっぱりすごい人は沢山いるな。

オレも顔晴ろう!!

 

奥さんのミッシェルさんも日本に10年以上済まれたことがあるので日本語ペラペラで、夕食には角煮や温かいお味噌汁もご馳走になる。

本当に至れり尽くせりの歓迎をしてもらった。

みなさん。本当にありがとうございます。

image

 

 

2日は27km先のTrafargarへ。

Ruiさんの紹介でこの町に住んでいるMiyukiさんの所にお邪魔できることになったのだ。

少しだけ距離が短い分、出発は少し遅めなのでかなり寝れた。

よっしゃ、行こうか!!

image

 

一件取材を受け、裏道を通りながら、目的地へ向かう。

途中、この日お世話になるMiyukiさんご家族が応援に来てくれて、道も教えてもらった。

しかも町の入り口辺りで別の日本女性、Kumiさんにも出逢い、東北への寄付を頂く。

ありがとうございました!!

image

 

16時過ぎにはMiyukiさんのお家に到着し、温かいお風呂や最高に美味しいご飯を頂く。

image

心地良い時間を過ごさせてもらい、21時頃には就寝。

 

明日はMiyukiさんのお友達のお家に繋いで頂けたので、宿が決まっている分、非常に安心しながら休ませてもらった。

しかも寄付・オレの活動費まで下さって、もう本当にありがたいです。

image

みなさん、ありがとうございます!!

 

 

3日は40km先のTraralgonへ。

今日はYumiさんという日本人女性の方のお家へ向かう。

 

途中Googleマップの指示が私有地を経由していて、そこは歩けず4km程迂回するハメに。

…こういうのは少し精神的に来るんですよね苦笑

寒い日ではあったけどほとんど坂はなかったので助かった。

夕方には目的地へ到着。

 

同い年だったYumiさん、そしてご家族のみなさんも歓迎してくれて非常にありがたかった。

ご飯もすごく美味しかったし、感謝・感謝です!

寄付も必ず東北に届けます。

ありがとうございます!!

image

 

この日の夕方にはRuiさんが来てくれて、カートの後ろに付けるフラッグを作ってきてくれた。

「 これでもっと旅のことが分かりやすくなると良いね! 」って。

image

活動費まで下さり、もうRuiさんの優しさに泣きそうになる。

 

オレもこんなカッコいい大人になるぞ。

沢山インスパイアされました。

本当にありがとうございます!!

 

 

4日はハードな一日、55km先のSaleへ向かうために早朝5時半には出発。

Yumiさんのお友達のMasayaさんのお家へ。

 

Traralgonを離れてからはやっとハイウェイを歩けるようになり、路肩も充分にあったので非常に歩きやすくなる。

ただ距離は長いので、ケガを悪化させないように、身体に負担をかけ過ぎないように、細心の注意を払いながら歩いた。

かなり疲労はしたけれど、休憩を入れて計画通りのジャスト12時間で目的地へ。

 

Masayaさんもすごく優しくしてくれて、バーモントカレーを作ってくれたり!笑

メチャクチャ美味しかったです!!

21時過ぎには泥のように寝る。

 

 

翌日5日は、Melbourneを離れてから1週間振りのお休みを取ることに。

壊れかけていたホイールの交換をしたのだが、自動車整備のお仕事をされているMasayaさんがプロの技であっという間に直してくれた。

感動。

 

奥さんのソヨンさんも非常に素敵な方で、美味しいご飯をご馳走になる。

お二人にも本当に感謝です。

ありがとうございます!!

image

久しぶりの休日をゆっくり過ごさせてもらった。

 

 

 

 

 

この五日間、毎日の様に日本人の方々の優しさに触れさせてもらった。

純粋に本当に嬉しかったんです。

というのも彼らだけに限らず、これまで出逢ってきた日本人のみなさんは、震災当時様々な形で日本を助けようとしていたという話を聞いてきたから。

 

それは、世界中の人々も一緒ですよね。

韓国の人や中国の人だって、「 何か力になれないか 」って応援してくれていたんですよ。

助け合いの精神というか、その自然に湧き上がってくる感情。

これって本当に美しいものだと思う。

 

 

人間って、素敵じゃんね。

 

 

昨今、人間の醜い部分や汚い所、そして許せないことなどもネットのおかげで可視化される様になってきて、そのせいで人々の心がより荒んできている氣がしている。

でも結局は、「 どこに光を当てるか 」なんじゃないか。

オレは、上記した様な「 自然に湧き上がってくる人間の美しさ 」に光を当てる。

 

 

国境、肌の色、宗教や文化。

それがどーしたってんだ?

どこの国にも良い奴も悪い奴もいて、それは日本も同じ。

だからそろそろレイシズムはやめようぜ。

 

 

オレ達は、みな同じ地球人。

例えば宇宙人に侵略されなきゃ団結できないなんて、そんな悲しい話はゴメンだ。

オレは、自分の目で見て耳で聞いて、体験したことを信じる。

 

 

あなたはどうですか?

 

 

【 Special Thanks 】

Helen Davey
Michel, Hyu, Zack, Nina & Rui Nakamura
[ KoKolo Bento ]
[ Legible Signs ] / Gordon
Bern & Graeme Wills
Kumi Slade
Miyuki, Soah, Mala & Abe Potts
Yumi, Mia, Emma & Chris McQuillen
Damien Tripodi
Jordan Tripodi
Soyon & Masaya Nakashima

 

 

さて、明日からはどんどん最後の難関の山に、山脈に向かう道を辿って行く。

何が待っているか分からないけど、オレはオレの人生を楽しむ。

それがいつか、どこかの誰かを助けることができると信じて。

 

最後にもっかい。

「 オレ達は、みな同じ地球人 」

 

人間の良心を信じる、全ての人へ。

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付

「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ
是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します