«

»

2014.07.19-07.23 [ Genoa〜Conjola? ]

 

( Genoa~Kiah~South Pambula~Bega~Cobargo~Narooma~Moruya )

 

19日は7:30に出発、37km先のBegaを目指す。

昨晩から冷たい雨が降っていたが日の出後にはほぼ止んだ。

でも、まだまだ坂道のルートが続くのだ。

 

 

出発時の写真、空手黒帯のRayきまってます。

image

 

これでもかと続く山岳ルート、登っては下り登っては下り…。

足へのダメージも半端ない。

強めの痛み止めを購入し、常に飲まないと歩けないほどになる。

薬には頼りたくないけどこればっかりはしょうがないと観念。

 

途中では嬉しい出逢いも何度かあった。

日本人の方々や、ラジオを聴いてくれたとの人、Rayの友達。

image

 

Ray自身もバイクで来てくれた。

すげーカッコいいんです、これがまた。

58歳には見えんッ !!

image

( ちなみに先日このバイクでRayの後ろに乗ってドライブに連れて行ってもらったけど、絶叫しまくりました。後ろはこえーっす苦笑 )

 

なんとか夕方4時過ぎにはBegaに到着、TrafargarのMiyukiさんのご紹介でCommunity Houseという日本の公民館に当たる場所に泊まらせてもらった。

本当にMiyukiさんにはお世話になってます。

ありがとうございます!!

 

そして、公民館の側に住んでいるドイツからの家族にはご飯をご馳走になる。

キッシュ美味しかったです。

image

ありがとう、Carsten家族の皆さん。

 

 

20日は42km先のCobargoへ、今日もまた友人の友人のお家へお邪魔させてもらうことに。

山岳地帯でもあることから景色は最高に美しい道なのだが、なんせ坂道はヤバイ。

ここのところ一週間、85%以上のほとんどが登るか下るかである、と言っても過言ではないと思う。

だから、たまにある平地が休憩の様で最高に嬉しい苦笑

image

 

途中では近所に住む家族がハイウェイ沿いでピクニックをしていて、お呼ばれされて気持ちの良い天氣の中でアフタヌーンティー。

最高でした。

image

 

ヘトヘトになりつつも17時前にはCobargoへ到着し、本日お世話になるNikiのお家へ。

彼女はかなり親日家で、マクロビオティックの生活もしている素敵な女性でした。

美味しいディナーもご馳走になり、色々とお話しをして、早めに就寝。

 

 

翌朝は7:30スタート、37km先のNaroomaへ。

ありがたいことにNikiの友達のお家にお邪魔させてもらえることになった。

本当に感謝です!!

image

 

坂道、坂道、そして坂道の一日。

写真を撮る余裕なんて無く、前に進むことで精一杯。

時たま痛み止めの効果が切れる時の痛みは凄まじい。

全く、負けてらんないっすよ笑

 

ありがたいことに、 NSW州に入ってからはこれまで以上に沢山の方に声をかけてもらえる様になった。

WarragalのRuiさんに作ってもらったPOPを見て、「君はPerthから来たのか!」って驚きながら声をかけてくれる人も多数。

宿のオファーも沢山の方々が声をかけてくれるので、これから先もなんとかなりそうだ。

 

17時前にはPhil一家のお家へ到着。

湖の前にあるお家からの夕焼けは最高に美しかった。

地元の宍道湖の夕日を思い出さずにはいられなかったね。

image

 

美味しいカレーをご馳走になり、ワインに酔って眠りにつく。

Phil、HelenとAlice、素敵な時間をありがとうございます!!

image

 

 

22日はMoruyaへ。

この42kmを歩けば23日はオフ、足を少しでも休ませたいと思う。

今日は先日のラジオを聴いてメールをくれたClayのお家へ。

途中では昨晩お世話になったPhilも通りがかったり、またもや日本人の方との出会いもあり、楽しい時間だった。

( 坂道は変わらず!笑 )

 

先述の通り、NSW州では何故か人々が非常に親切に感じる。

今日出逢ったBillというおじいさんからも、「この氣候が人々を親切にしているのが分かるかい?」なんて言われたのだけど、なんだかそれも良く分かる。

 

確かに夜は寒いが、日中太陽が出るとそこら中の景色が「美しい」。

南太平洋や沢山の湖、山に丘、ファーム。

すごく心が平穏になる。

最後の州をNSWにして正解だったとつくづく感じるな。

 

多くの方々に宿のオファーや差し入れ、応援などを頂き、17時前にはMoruyaへ到着。

迎えに来てくれたClayの車にカートを乗せてもらい、彼の家のある山の中へ。

人里からは完全に離れているので、大自然の中の静寂が素晴らしい。

ここもまた素敵な景色で、昔のイギリス式?のお家にお邪魔する。

ベジタリアンのClayとAlisonの手料理を頂き、Alisonの作ったホームメイドのビールと暖炉で暖まり、心地よい眠りにつくことができた。

 

 

23日はお休み。

起きたのは9時だが、11時間も眠り続けたみたい苦笑

2人は仕事に行っているので一人でゆっくりとBlogの更新作業。

image

 

この素晴らしい景色の中でゆっくりとできることは、本当に贅沢な時間だと心から感じる。

約10年前、上京する前に聴いていた曲を今再び聴きながら、なんとも言えない感慨を覚えた。

人生って素晴らしいな、って、本当に思ったよ。

image

 

 

【 Special Thanks 】

James Harvey
Coia Kemeling
Kym Marson and family

Jamie Scoullar
Lesley Bull
Barney
Brock, Justin, Aimee, Shannon & kaylah
Mary Barker
Tina yang, Robin, Aurin and Carsten
Judy Hodkinson
Sierra, Nick, Aberi
Beth Bragg
Niki Hutteman
Tim, Thea
Ty and Clare Fallins
Helen, Elice and Phil
Liam McManus
Nick Gard
Sue cox Stuart buck
Nim Loader
Brigitte Causbrool
Debbie Cameron
Graham Darr
Bill Douglas
Dennis Pont
Fox, Jackie Russell
関口 裕紀子様
Victoria Parker
Mylene, Fitzroy
Elise Holmes
Alison & Clay

 

 

まず報告として、Perthからここまでの距離が4,000kmを越えました!!

やったぜー!!

あと残り約300km、悔いなく歩き切りたいと思います。

これまでお世話になった皆さんのお陰様です。

本当に感謝をしています。

 

そして、オーストラリアで集めている寄付も5,000ドルを越えました。

日本円にして約50万円程ですのでまだまだ目標には遠いですが、できる限り認知度を上げ、東北のことを伝えながら、シドニーまで変わらず寄付集めを続けます。

( 郵貯の方に頂いている寄付はまだ自分自身で確認ができない状況ですので、確認が取れ次第、また追って報告させて頂きます。)

 

懸案事項だったシドニー直前の宿も見つかり、一安心。

というのも、先日アフタヌーンティーをご一緒させてもらった家族の息子さんがシドニー在住で、しかもゴールのオペラハウスから10kmの地点に住んでいるとのこと!!

彼とも路上で出逢うことができ、「是非ウチに来てくれ!」とのことだったので、最終日の8月6日はLiamのお家からオペラハウスを目指します。

 

ゴールのオペラハウスへ到着は、正午。

段々近づいて来たのを肌で感じる。

 

残り300km。

そして、あと2週間!!

悔いなく、今できる精一杯で、東北について語り歩きます。

是非応援して下さい。

どうぞよろしくお願いします!!

 

明日もまた素敵な一日になります様に。

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付

「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ
是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します