«

»

2014.01.29 [ Adelaide?〜フォーチュン爺ちゃん ]

 

あれは1年と少し前。

前職でX’masケーキを販売していた時のお話。

2012年のX’masシーズンは、兵庫県にある阪急西宮ガーデンズという所でアイスケーキを販売していました。

そこで、奇妙な出逢いをします。

 

 

【あるX’masの日に】

ケーキの完売を目指して必死に声を出してケーキを売っていたのですが、値段が少し高めだったり不景気?だったこともあり、なかなか売れず四苦八苦のシーズンでした。

image
この写真は全く焦っていないように見えますがね笑

 

劇的BeforeAfter

image
今とのこの落差!笑

 

そんな焦りにも似た気分の時に、一人のお爺ちゃんが現れたのです。

彼はとても素敵なファッションをしていて、シルクハットを被りストールを巻き、ステッキまで持っていました。

恐らく70代後半〜80代前半?くらい。

「すごいおしゃれなお爺ちゃんだな〜」

なんて思っていたら、ふと気付いたかの様に自分の方に向かって早足で歩いてきます。

「おお!ケーキでも買ってくれるのか!」

と思っていたら、目の前まで来て突然、

「お前さんはふぉcydnふewuisuじゃな!」

と一言。

…?

…んん??

全く何を言っているのか分からん!笑

しかも結構興奮している感じで声も大きく、自分を指差してまくしたてる様に同じことを言いますから、全然分からない苦笑

「お前さんはふぉcydnふewuisuじゃな!」

 

残念ながらもうホントに何がなんだか分からなかったので、

「すみません、もう少しだけゆっくりしゃべってもらえますか?」

と聞くと、

「お、おぉ、すまんのぉ。

お前さんは、フォーチュンフェイスじゃな!」

と仰ってくれました。

一瞬キョトンでしたが、

…あー!!!

Fortune(幸運な)Face(顔)か!、と。

 

…あれ、これオレもしかして褒められてるのでは?

と思いそのまんま状況反射で、こちらも「 Thank you! 」なんて返している始末で笑

はたから見たら、多分おかしな二人だったでしょう。

 

お爺ちゃんは続けて、

「わしは世界各地を旅行して歩きまわってきたから分かる!

お前さんはフォーチュンフェイスじゃ!

だから、こんなところにいる場合じゃない。

早く世の為になることを始めなさい!」

 

…え、えぇぇぇ!!?

そりゃまぁ正直、その時は面食らいましたよ。

というかお爺ちゃんの気迫に圧倒され、あまりにも突然であったし、状況把握をするのに珍しく時間を取りました。

Thank you!以外の言葉を何も返せないでまごついていると、

「分かったな!お前さんはフォーチュンフェイスじゃ。

わしには分かる!!

やるべきことをやるんじゃぞー」

と言って、颯爽と去っていきました。

 

【迷い】

実はこの頃、自分の「夢」や「やりたいこと」と、当時の自分のいる環境について確かに迷っていました。

 

このまま会社で働きながら歳をとっていくのか

それとも自分の本当にやりたいことを始めるのか

そう、東北に行って、彼らの助けになることを来年始めるって決めたじゃないか

…でも会社を辞めちゃったらお金も無くなるし

食ってくことすらできなくなる

どうしよう。。

 

こんなことをぐじぐじと考えていたわけです。

そこに現れたフォーチュン爺ちゃん。

はたまた、キリストからのX’masプレゼント?

彼の放った言葉は、その後ずーっと頭の中で響き続けることになります。

 

結局、その後に会社を辞めて「本当に自分がやりたかったこと」であるBEYOND WALKを始めることを決意。

理解があり尊敬できる上司のおかげで、会社を卒業することになります。

あのお爺ちゃんの言葉が、「やりたいこと」に向かう後押しとなったことは間違いありません。

 

ちなみに、そのフォーチュン爺ちゃんは俳優の藤村俊二さんにソックリでした。

この写真にシルクハットで、完全にフォーチュン爺ちゃんです笑

image

 

【神様の遣い】

オレ自身としては、あのお爺ちゃんは神様、もしくは「神様の遣い」だったんじゃないかと思っています。

これまでにも自分の人生が変わるターニングポイントはいくつかありますが(師匠との出逢いや富士山での出来事などなど)、フォーチュン爺ちゃんとの「たった一瞬の出逢い」も正にそれです。

「人生とは出逢いである」

こんなことがあるから、人生は面白い。

こんなことがあるから、人生はいくらでも変わり得る。

きっと、オレだけじゃなく皆さんもそんな経験あるのでは?

 

でもよくよく考えてみれば。

もしかするとオレも、これを読んでくれているあなたも、「神様」もしくは「神様の遣い」なんじゃないか。

そう思うと自分たちの日常の一部が、「誰かのターニングポイント」になるかもしれない。

というか、きっと「なっている」んだろう。

そう思うと何だか身が引き締まる。

これまでの感謝を次に繋げていくためにも、「誰がために」歩いていきたいのです。

 

【その言葉は運命になる】

だからこそ日々鍛錬、特に心の鍛錬を積んでいます。

何故なら、それが運命になるから。

マザーテレサもこう言っています。

 

image

思考に気をつけなさい それはいつか言葉になるから
言葉に気をつけなさい それはいつか行動になるから
行動に気をつけなさい それはいつか習慣になるから
習慣に気をつけなさい それはいつか性格になるから
性格に気をつけなさい それはいつか運命になるから

マザーテレサ

 

でも生きていれば、稀に驚くような人に出逢うこともあります。

 

ものすごいネガティブで

頭の中で敵を作りあげるのがうまく

口をつく言葉はほとんど否定の言葉

誰かのせいにするのが得意

自分は悲劇の主人公

結果この世は最悪

 

ぬぬぬ…

お前さんはどうしたんじゃぁぁぁ!

 

とこちらが本当に驚くくらい、様々な否定と攻撃のバリエーションを持っていらっしゃる。

てか、どこからそんなに湧いてくるのかと笑

実際BEYOND WALK関連などでも、酷い言葉を投げかけられることもあります。

暇人とか偽善者なんてのはまだ優しい。

あなたの様な人がチャリティーということがすごい

とか、

悲しい人

だとか、

東北の人は喜んでいない(東北のためになっていない)

とか。

 

な、な、なにを言ってやがるッ

このすかぽんちんが!

image

(…でもまぁオレも、実際にはどうだか分かっていませんが苦笑)

 

でもはっきり言って、そんな言葉はCheap Shotでしかないと気付きました。

そんな言葉でオレを挫けさせることはできないぜッ、と。

だって、全然体重が乗っていない空虚な否定のオンパレードなんだもん。

というか、あなたのその言葉はあなたの人生になっちゃうよ?と。

マザーテレサが言っている様に、思考は言葉になるのだから。

 

そう、フォーチュン爺ちゃんの言葉は一生もので、きっとイメージと共に死ぬまで鮮明に覚えているだろう。

でもCheap Shotなんてのは、その存在と共にあっという間に消えていく。

だからこそ、次世代に繋げていく意思を持っている同志、特に同世代の同志達にも伝えたいのは、

「否定するんじゃなくて、否定される様な人間になろう」

ということ。

 

【否定されることを恐れない】

安全地帯から何もせずにアレコレと言うことより、世間から否定されても構わないという様な意志と勇氣を持った、「覚悟と行動」を起こすことの方がはるかに大変だと、オーストラリアを歩き始めて以来痛感をしています。

以前の自分は完全に前者でしたからね苦笑

 

共にオーストラリアを歩いた、京都は「農樹」の親友のカズキは言います。

「世間に対して顔出しして仕事をしていれば、アレコレと言われて当然!」

この覚悟、痺れるなと。

これだよな、と。

 

だからこそ、何かを起こしたいと思っている人は、是非とも勇氣を持って一歩を踏み出してみて欲しい。

何故なら、最初は怖いけど勇氣を持って動いたら、きっと沢山の人たちが協力してくれるから。

その多くの協力のおかげで、オレでも「一歩は踏み出せ」ました。

そうすれば、勝手に慣性の法則のままに二歩目が出て、きっと歩いていける。

多くの仲間と共に進んでいける。

そう、きっと大丈夫。

そしてその後姿が、誰かのターニングポイントになるかもしれない。

 

【ターニングポイント】

そして最後に。

 

「その一歩」は、間違いなく大きな経験になるはず。

だからマザーテレサの言葉を忘れないように精進して、誰かの「ターニングポイント」になってみようじゃないかと。

忘れ去られる様な人間になるのではなく、

誰かの大切な想い出になってみようじゃないかと。

 

カフェで色々考えていたら、たまたまフォーチュン爺ちゃんのことを思い出して、その後の思考の流れがこうなりました。

うむ。

今日という日もまた祝福せねば!

ありがとう今日!そして明日!

そして、ありがとうフォーチュン爺ちゃん!!

 

というわけで、今回も長くなりましたが苦笑

フォーチュン爺ちゃんからの〜ターニングポイントについてのお話でした!

それでは、皆様の明日も素晴らしい一日になりますよう。

誰かのターニングポイントになれますよう!!

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付

「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへの寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ

是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します