«

»

2014.08.06 [ Sydney Opera House ]

 

( Blonte~Opera House )

 

約一年に及ぶこの旅も今日で一区切りがつく。

午前6時半に起床して外の庭に座りながら、南太平洋から上ってくる日の出を眺めた。

今日も素晴らしい一日になりそうだ。

 

 

image

 

以前メルボルンで出逢ったYuriちゃんからもらった、インスタントおにぎりと味噌汁の朝ごはんを食べ、いつもよりはゆっくりの8時スタート。

シェアメイト達に見送ってもらいながら、9km先のオペラハウスを目指す。

image

行きます!!

 

最後の一日は天氣も最高で、一歩一歩噛みしめる様にゆっくりと歩く。

途中にあったLiamの彼女のCarlyが働いているカフェではコーヒーなどをご馳走になり、沢山のお客さん達にも声をかけてもらったり。

…今日がパースからの最終日だって話すと、みんな目を丸くして熱狂してくれるのが嬉しかったな。

image

「 Ruby’s Diner 」

 

 

 

今日は8月6日。

日本人にとって、というか、世界の歴史にとっても忘れられない一日。

偶然か必然か、当初の予定とは違う、この日にまだオーストラリアにいる自分。

だからこそゴールの日に選んだ。

 

8月6日に思うところは色々あれど、オレ達はそろそろ「 次へ進む覚悟 」を持たなくてはいけないんじゃないか、ってことを一番思う。

何故なら人間の思いに関係なく、放っておいたって歴史は勝手に進んでいくのだから。

 

オレ達にとっては悲しみの歴史、それは間違いない。

ただし違う視点から見れば、別の意見だって出てくることも事実。

自分の意見だけが正しいわけじゃないってことも、ちゃんと知っておかなければいけない。

 

 

でも、これはあくまでもオレの意見だが、今後とも今日という日を「 ある一定の考え方 」で捉え続けるだけではいけないと思う。

いつかは乗り越えていかなくちゃいけない。

そうじゃないとオレ達は、人間の歴史は、先に進めないと思う。

 

だから覚悟を持たないといけない。

「 それ 」を背負いながら、前を向いて次へ進む覚悟を。

これは日本だけじゃないぜ?

人類として、過去は過去、あとはそれを活かしてどう未来を作っていくかだ。

いつまでも下を向いて、互いに罵り合っているワケにはいかない。

 

 

Facebookには書いたけれど、ここでもう一度。

 

「 いつか、8月6日を希望の日に塗り替えてやる。」

 

そのためにオレ自身ができることを、これからもやり続けるだけ。

この想い、東北にも届けば嬉しいな。

 

 

…ちなみに11年前の8月6日、この日は自分の人生を変えてくれたあるバンドの記念碑的なアルバムが発売された日でもあって。

あの日から、オレにとっての「 今日 」は新たな人生のスタートの記念日となった。

そして今年の8月6日に、あるバンド、Hawaiian6の新たなアルバムが発売され、それをゴールの日にオーストラリアで聴けるという幸せ。

image

生きてて、こんなに素敵な「 偶然 」をプレゼントされる幸せったらない。

 

 

今、苦しんでいたり辛い思いをしていたとしても、いつか必ず「 生きてて良かった 」って思える日が来るはず。

何故なら11年前のオレは、今日という日を想像すらできなかったのだから。

 

だからこそ、あの日の自分に言ってあげたい。

歩き続けよう。

進み続けよう。

そして、諦めないでいよう。

信じて歩き続ける限り、必ず道は繋がっていく。

 

この徒歩横断の間、安全のためにもイヤホンで音楽を聴いたことはなかったけれど、今日の最後の2kmだけは限定解除、「 Sound of Liberty 」だけを爆音で聴きながらオペラハウスまで歩いた。

恐らく、人生で一番幸せな20分間だった様に思う。

 

 

 

多くの人々の優しさと善意、全てのみなさんのおかげで8月6日正午、遂にオペラハウス到着。

あぁぁぁぁ…ここまで来たんだなぁ。

なんだか色んな感情でぐちゃぐちゃだった。

でも無事にゴールできて、心の底から嬉しかったな。

image

 

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました!!

そして、今後ともよろしくお願いします。

共により良い世界を作っていきましょう。

image

image

 

 

…いや、全然泣いてないんですけど、最後の1km辺りから前が見えにくくて見えにくくて。

一体ありゃなんだったんだ。笑

image

image

 

 

オペラハウスの階段で記念写真も撮らせて頂きました。

image

 

約4,300kmを共にした盟友ともここでお別れ。

本当にありがとう。

image

 

 

日本からは親父(!)と幼なじみの新出も来てくれて、オーストラリアの各地から来てくれたみなさんも、本当にありがとうございました。

本当に、あの日のあの場所でお逢いできたことが、何より嬉しかったです。

心から感謝をしています。

image

 

ゴール後はオペラバーで祝杯をあげ、ディナーは最高に美味しい日本食レストランに連れて行ってもらいました。

康本さん、ご馳走様でした!!

素敵な時間を本当にありがとうございます。

image

 

その後は、この日から新出共々約一週間ほどお世話になる、シドニーハーバー沿いのDajの家でゆっくりとさせてもらうことに。

image

 

 

 

【 Special Thanks 】

遠田 まきこ様
ヨシオカ マイ様
康本様、サーシャ様
[ Ruby’s Diner ] 
Dapto Plu
Anthony Hunt
Danielle Hellmund and class
Erin Cara
Zac Caudo
Lou-Ellen Varty
Kate, Amelia and David Parker

 

 

 

ベッドに横になってこれまでの道を思い出す。

…まったく、なんて難関だらけの半年だっただろう。

でも中断期間を入れて約一年、毎日が新しかった。

その分、きっと成長もできた。

「 必要必然、全てに感謝! 」

全身全霊で体験させてもらった様に思う。

 

そういえば、お酒の師匠ひろしさんのおかげで、TBSラジオのたまむすびというコーナーでカンニング竹山さんがBEYOND WALKのお話をしてくれていました。

来週月曜日の18日までは聴けるそうなので、お時間のある方は是非下記URLの8/11(月)、「 竹山、ガム買ってきて!」を視聴してみて下さい。
TBS RADIO たまむすび
8/11(月)「 竹山、ガム買ってきて!」

 

 

 

今回の大陸横断で集まった寄付$7,274は、日本に戻ってから日本円に両替した後、日本の口座に頂いた約3万円ほどの寄付と合わせてから、以前このブログで紹介をした東北支援の4団体に届けます。

[ 寄付の行き先 ]

その際も、追って報告させて頂きますので、どうぞよろしくお願いします。

 

この一年で自分の想いを東北に届けられたかどうかは分からないけど、少なくとも、一人でも多くの方に笑ってもらえて元氣になってもらえたのなら、本望です。

そして、今後とも自分にできるやり方で東北や世界を元氣にしていく所存なので、是非とも一緒に進んでいきましょう。

また帰国後の晩夏の頃に、東北にもお邪魔させてもらう予定です。

 

 

まだまだ道は続いていく。

命の限り志を追い、心地よく日日を楽しみながら、明るい未来へ。

 

 

今いるブリスベンから大きな愛を込めて。

 

image

応援ありがとうございました!!

 

PEACE

 

「寄付/活動サポート・支援のお願い」
・寄付

「行政/民間の教育支援のための寄付」「教育支援団体への寄付」「NPOへのレンズ寄付」「猶興学園プロジェクト(保育園、幼稚園、小学校を被災地に作る)」など、教育支援に関わる費用に充てさせて頂きます
(こちらの寄付は活動費に回すことはありません)
お振込先:ゆうちょ銀行
口座名義:イワタ ショウタ
記号:15310
番号:10686291
店名:五三八(ゴサンハチ)
店番:538
口座番号:1068629
・活動サポート費
BEYOND WALKに関わる生活費や交通費に装備代など、チャレンジに関わる活動費全てに充てさせて頂きます
(今後世界各地で行う予定のチャリティー活動のための準備なども全て含みます)
お振込先:三菱東京UFJ銀行
綱島(つなしま)支店
普通 4589046
イワタショウタ
是非、皆様のご支援ご協力を宜しくお願い致します